習志野市 S様邸 南欧風エクステリア 外構工事 レポートです。 

blo1123-1
みなさんこんにちは。
キナリデザインの多田です。

今年もあと1か月となってしまいましたね。
さあ、ラストスパートです。
ぶるるんっ。

習志野市の南欧風エクステリアも順調です。

今日はタイル仕上げが進んでいます。





before
blo1130-1
車庫はなんと、タイルを貼って仕上げていきます。
こちらは下地コンクリートを打設したところ。

タイル厚分、高さを下げて打つのです。
horizontal
after
blo1130-2
じゃんっ。
タイル貼りましたっ。そのまんまのコメントですね・・・

車が入りますので下地モルタルと浮きの無いよう
タイルを密着させるのがポイント!

あと、もしかすると、やっぱりタイルですから、将来
割れる可能性があります。

メンテナンス用の予備タイルを準備しておくことも大切。
before
blo1130-3
 こちらはポーチ廻りです。
下地完了から・・・
horizontal
after
blo1130-4
仕上げ状況です。
隅切り部分は45度でカットして収めていきます。

外壁との色合いもぴったりですね。





blo1130-6


                  こちらは手摺の支柱部分です。
                      リクシルのアーキレール。

                床との付け根にカバーを付けました。

                           オプションですが
           こういう細かいことろの仕上がりが大切です。





blo1130-5


細かいと言えばこちらも、です。
 既存でセットされていたフロアハッチです。
 中は電気設備のメンテナンス用空間になっています。
タイル目地方向と微妙にずれていましたが ごらんの通り。

 きっちり収めていきます。

美は細部に宿る、、、ですね。 ではまた。