5:エクステリアのベストなプランは変化していくものです。

困っている女性
新築時のエクステリア工事では、総予算のなかで外構にいくら使えるのか、そこから工事内容が決まってしまうことが多々あります。
とりあえず・・・とハウスメーカーが決めた金額に根拠がないと、理想と現実のギャップにがっかりされる方もいらっしゃいます。

「希望は膨らめど、予算がない。
こんなことならもう少し、他の仕様を我慢すればよかったかも・・
でももう家は出来ちゃってるし。どうにもなら~ん」

といった具合です。
とにかく早い段階で、エクステリアの具体的なプランをイメージしておくことが大切です。

とはいえ実際は“最低限のプラン”と“理想のプラン”の狭間で現実のプランを練っていくケースがほとんどです。

そこで注意してほしいこと “予算ありきのプランを作らない!” ことです。

想いは多く、予算少なし。されど、「あれも欲しい、これも欲しい、ぜーんぶ欲しい。」
これをやっちゃうと全ての仕様が下がります・・・典型的な失敗パターンです。

毎日目にするご自宅のエクステリアが気に入らないとなると目も当てられません。
「もー、失敗した。なんとかやり直せないかな~」なんて気持になってしまいます。
けれど、一度作ったものを壊して作り直すのは、それはそれは大変です。
それこそ、最初からつくらないほうがマシってもんです。
打合せ
“まずはベストなプランを作っちゃう。どこまで工事するかは後で決める”
ご希望ぜんぶ入り のプランを作ってもらいましょう。

その図面を見ながら、今回の予算でどこまで工事可能かを検討、工事範囲を決めましょう。
「門廻りのデザインを優先して、2台目の車庫の仕上げは次回でもいいね」とか
「今回、門扉は付けないけれど、設置を想定して門袖を計画しておきましょう」とか
「アプローチの植栽計画は譲れないな。今回、床は砂利敷きまで。
ベビーカーを使うようになってから舗装をしましょうよ」など。

“計画にメリハリをつける”ことです。

一度作ったらそれでおしまい、だから、あれもこれも。
となると結局は満足いくものにはなりません。

もう一言、
最近、エクステリアリフォームの問い合わせが増えてきました。

「子供が車を購入するので車庫を広げたいな。」
「車いすのためのスロープが欲しいわ。」
「自転車を入れやすく、門廻りを作り変えたいんだけど。」

ね? “一度作ったらそれで終わり” ではないんです。

生活スタイルが変化していくのですから、エクステリアも当然、手を加えていくようになるんです。

“肩の力を抜いて、長い目で、今必要なものを、満足できる範囲で、工事する” ことが大切です。