2:エクステリアのプロですから。

エクステリア

めいっぱいの笑顔で はじめまして。

みなさんのお家の外廻り、すてきエクステリアにしつらえましょう。
同じ時間の中、生成り地を紡ぐように、一緒にデザインしていきましょう。
こんなに楽しいことはありません。

ですから、めいっぱいの笑顔で。
今日もみなさんにお会いできること、心待ちにしています



エクステリア
「外構工事は建物と同じ会社に頼まなくてはいけないの?」
この問いかけから始めましょう。
答えは「いいえ。」なんです。

「すてきなエクステリアにしたいのに・・・」
「想いを分かってほしいのに・・・」
「なんとなく、工務店さんの反応がいまいち?気のせいかしら・・・」
それは正しい感想です。なぜなら、

工務店さんは外横のプロではないのです。
そして、外構は自社には関係のない付属品としてみています。
“餅は餅屋”の通り、“志を持ったプロ”に相談するのがよいのです。
建築のプロ、料理のプロがいるように、エクステリアにもプロがいますから。
歯医者さんへ行って、「きのうからずっとおなかが痛くって~」なんて人いませんものね。



エクステリア工事
イメージの言葉がつながり フレームが立ち上がり あなたの前で空間として広がってゆきます。
この自然な流れから皆様の笑顔が生まれます。でもそれってとても難しい。

デザインに特化したキナリデザイン 
施工に特化した多田工業がしっかりとつながることで
はじめて紙上のデザインを現実の空間へと立ち上げることが出来るんです。

各部門の担当者全員がプロフェッショナルであること、あうんの呼吸でしっかりつながっていること、
あなたが笑顔になるために一番大切にしていることです。



workflow
外構工事は、建築基準法において最低限の仕様規定しかなされていません。
つまり、詳細は各社が独自の基準により仕様決定を行っています。
その根拠となるのが経験値です。

30年以上の実績を有する当社にはそれだけの経験・ノウハウが蓄積されているんです。

その他、

・日本建築学会 建築工事標準仕様書 同解説(JASS)
・社団法人 公共建築協会 建築工事標準詳細図 

等を当社仕様基準の参考としています