3:スタートラインに立ちましょう。私たちと一緒に。



d e s i g n  C o d e ~設計の礼儀作法~ が大切。

ドレスコードがあるようにエクステリアデザインにもコードがあります。
建築、外構単体ではなく、その空間全体には共通するコードがあります。
あるべき要素 全てのコードを読み取り、全体を一つにまとめあげる。

美しいたたずまい。トータルコーディネート。
これが 建築設計者である私たちにできること、です。
デザイン
左:鳥取県三朝温泉「木造りの宿 橋津屋」
http://www.hashizuya.co.jp/

右:千葉県鴨川市「マルキ本館 魚眠庵」
http://www.gyominan.com/



外構計画の打合せは いつ、始めればよいのでしょうか。
建物完成後の工事なのだから、まだまだ先で大丈夫、ではないんです。
可能な限り、建物のプランニング開始に合わせてスタートしましょう。

同じ敷地内での計画です。敷地全体で考える建物内外の動線、リビングからの景色、
建物基礎との取り合い、設備配管ルートとの整合、建築確認申請その他、各種法令チェック等々
擦り合わせが必要な事項は山盛りです。
このような打合せを建築会社と同じ目線で行うためには建築全般の知識が当然のこととして必要です。

ブロック屋さん、ではない当社だからこそ、マイホーム計画の全体像を見据えた、最高のオーダーメイドプランをご提供することができるんです。
図面

階段