型枠ブロックを使った高低差のある外構 印西市

steiモダンエクステリア1-01
高低差のある場合は型枠ブロックがおすすめです。

お庭を構造的にしっかりと守ります。

高低差が2mを超えると工作物の申請が必要になってきます。
2mを超えない場合には法的な制限はありませんが、可能な限り、型枠ブロックを採用することをお勧めします。

普通ブロックとは比べものにならないくらい、擁壁としての強度がありますから。

型枠ブロックはエスビックのレコムSTです。


steiモダンエクステリア2
↑↑↑ こちらがイメージパースです。

L型に2台分の駐車スペースと、自転車置き場まで確保。
広い間口を十分に生かしたプランです。



steiモダンエクステリア3
↑↑↑ こちらが今回の平面プランです。

L型にゆったりと車庫廻りを計画しました。
階段廻りに門袖を絡めて計画。

高低差がありますので安全のためにポーチまでの間に踊り場を2か所計画しました。
万が一、つまずいてもすぐに踊り場があれば安心ですね。



steiモダンエクステリア4
←←←今回の計画地です。

着工前は更地でした。

しかし・・・
 既存の擁壁を全て解体して・・・
車庫計画部分の土を全て掘削して・・・

これは・・
かなりの、大工事。

てこずりそうな予感・・・ 







before
steiモダンエクステリア5
ですが、そんな不安も吹き飛ばしてっ!!

きっちりとパースを仕上げていきます。
難しい階段廻りもなんのそのっ。

horizontal
after
steiモダンエクステリア6-01
仕上がりはこちら。

パース通りに作り込む、この施工力・・・
なかなかやるじゃないですか。

さすがです。

御影石の階段は控えめですが、
上品な雰囲気に仕上がりました。



steiモダンエクステリア7-01



     



ユニソン社製のポスト【ベリエ】
表札【ワンロック ボワ】
で門袖をコーディネートです。



キューブ型の化粧ブロックで遊び心を追加。
エスビックのデュエット ベージュです。