曲線の壁 住宅展示場のエクステリア

taモダンエクステリア1-01
こちらは住宅展示場のエクステリアプランです。

モデルとなる建物の魅力を最大限引き立てるよう、ファサードをプランニングしていきます。



taモダンエクステリア3
↑ ↑ ↑ファサードの平面計画です。

玄関ポーチへとつなぐアプローチには距離があります。
お客様が遠いな~、なんて感じないように、魅力ある、変化に富んだ空間をデザインしましょう。

真ん中のまーるい円・・・これがホワイエとなります。
映画館とかの待合ロビー、客だまりともいいます。をイメージしています。

玄関までのアプローチの中間に受けの空間を配置してみました。


taモダンエクステリア4
こちらがホワイエのイメージパースです。

建物のデザインを引き立てるために、あえて白一色で統一です。
taモダンエクステリア6
横のラインを入れてみました。

自分と建物の間に仕切りとなる壁を配置します。
横に伸びてゆく軸と、アプローチの曲線の奥行への軸が
交わったところにホワイエを配置です。



taモダンエクステリア2-02
じゃじゃーん。

このように完成です。 

どうでしょうか。 
建物の基壇部を曲線で覆いつつ、建物自体のデザインは損なっていないのが
分かると思います。



taモダンエクステリア4-2
こちらは曲線を作るための寸法図です。
この寸法をもとに現場でポイントを出していきます。
taモダンエクステリア9-01
すると・・・

このように図面通りのホワイエが出来上がります。

入口と出口の幅を絞って、囲まれた中庭のような
雰囲気も出しています。


taモダンエクステリア7-01


中に入ると、

美しい曲面の壁に沿って、植栽を配置。

歩幅に合わせて植え込んでいきます。

植栽の葉を通して、建物をみることで
建物に、また違う表情が生まれます。




taモダンエクステリア8-01




ちょっと遊びゴゴロを出して・・・

和風の庭園チックに六方石を建て込んでみました。


taモダンエクステリア5-01




アプローチの眺めはこのようになります。

曲線の壁の奥に玄関までのアプローチが見え隠れします。

白い壁と、御影石のグレーが空間を引き締めてくれますね。