佐倉市生谷。ひろびろタイルテラスと芝生のお庭。モダンでナチュラルなエクステリア。

佐倉市生谷ナチュラルエクステリア1-1
佐倉市生谷にて。ひろびろタイルテラスと芝生のお庭です。

モダンでナチュラルなテイストのエクステリア。
和モダンな建物デザインに合わせて道路側の全景を縦格子のデザインフェンスでまとめました。
中には気持ちのよい芝生のガーデンが広がります。








佐倉市生谷ナチュラルエクステリア2
↑↑↑ こちらが今回の平面プランです。

建物北側に2台分の駐車スペースを確保。
西側玄関廻りはポーチ廻りの使い勝手を優先して、オープンなスタイルにしました。

お庭をプライベートガーデンにするために、道路境界は高さ1.6mの目隠しフェンスを取付です。
リビングからは8畳ほどの広ーいタイルテラスへとつながるプランです。






佐倉市生谷ナチュラルエクステリア3
道路側の目隠しフェンスをパースで検討しましょう。
商品はF&Fのラインスタイルです。
こちらはシンプルウッドという、ナチュラル系の案です。
佐倉市生谷ナチュラルエクステリア4
次にこちらはフェンスの色を変更
ダークブラウン色にしてみました。
どうでしょうか。

こちらの案がぐっと引きしまった雰囲気になりますね。

玄関ポーチ前もゆったり使えるように門袖の位置を変更です。






佐倉市生谷ナチュラルエクステリア5-01


仕上がりはこのように。
建物の木部分の色が明るいブラウンですので、
やはり、フェンスはダークブラウンで大正解!!!

リビングの脇のスリット状のFIX窓の前には
シマトネリコを植え込みました。

室内に緑の景色を取り込んで、うるおい感もばっちりです。








佐倉市生谷ナチュラルエクステリア6
ではでは、門袖のデザインを検討してみましょう。
こちらは壁をジョリパットで仕上げて、
ポスト廻りにはアクセントでモザイクタイルを貼ってみました。

縦のラインが多いので、ここには横のラインを一本加えます。
リクシルのデザイナーズパーツでライトブラウンのラインを
入れてみました。
佐倉市生谷ナチュラルエクステリア7
もう少し。落ち着いたイメージがよいかなあ・・・
とのご希望で こちらのプランに変更です。

ジョリパットの塗り壁を化粧ブロックに変更。
横のラインも消して、すっきりとまとまりました。

車の出入りを考慮して、ポーチ脇を隅切りに。
袖壁の配置をずらして、手摺のデザインを追加です。





ナチュラルエクステリア8-01



すっきりとモダンなポスト廻りに仕上がりましたね。
化粧ブロックはマチダのグレイス12 アイボリー
アクセントのタイルにはTOYOのスクエアストーンモザイク
深みのある、バーナーブラックを選びました。










ナチュラルエクステリア9-01









階段1段目には御影石を利用。
色味を合わせるために黒系の商品を使用しました。
メイクランドのブイグラニット バサルトです。


















ナチュラルエクステリア10-01










ポーチにはINAXのグレイスランド

手摺はリクシルのアーキレールです。
笠木色をクリエダークにして、玄関ドアの色味と
合せていきます。















佐倉市生谷ナチュラルエクステリア11
さてさて、お庭です。

スクリーンブロック、目隠しフェンスで境界を計画することで
プライベート感満点のガーデンをご提案。

ポイントは芝生とテラスをつなぐ、
ゆったりとしたステップ状の階段です。

50㎝程度の高低差となりますので、段差の処理も
しっかり計画しましょう。





佐倉市生谷ナチュラルエクステリア12-01





仕上がりがこちらです。
タイルはINAXのマルモアート

優しい色合いが芝生の緑と相性ピッタリです。







佐倉市生谷ナチュラルエクステリア13-01



テラス脇にはガーデン水栓を計画しました。
バーベキューにプール。
水場があれば過ごし方のバリエーションが
ぐっと広がりますね。

排水パンは御影石を使って現場で造作しました。
サイズも自由にできますし、既製品と比べて
工事費もリーズナブルなので、おすすめですよ。







佐倉市生谷ナチュラルエクステリア14-01










リビングのFIX窓の前には
常緑のシマトネリコを 植え込みました。

玄関ポーチからお庭への視線をカットしてくれて、
リビングからは鮮やかな新緑がそよぐ姿を眺められます。

植栽1本で、空間がぐっと華やかになりますね。

>>お客様の声はこちら